尽くし過ぎる重い女を卒業するための3ステップ

あなたが、尽くしすぎてしまう理由

気がつけば誰かの身の回りの世話をしたり、お金の面倒をみてしまう。

そんな「尽くし過ぎ症候群」の方にぜひお伝えしたいと思います。

 

なんの見返りも期待せずに尽くすなんて、なかなかできることではありません。

私利私欲を度外視して相手に尽くせる人は、本当に心がピュアで優しい。

まずは、そのことをご自身で認めてあげましょう。

 

さて、その上で、あえて申し上げます。

『過ぎたるは及ばざるがごとし』 

 

尽くし“過ぎて”しまう重い女になりがちな場合は、まず、そんな自分の心の奥をのぞいてみましょう。

もしかすると、そこには「罪悪感」が潜んでいるかもしれません。

 

育った家庭環境の中に、親や祖父母、兄弟姉妹を助けられなかった経験はありませんか?

 

DVの父親から母を守れなかった。

借金や仕事のトラブルに苦しむ父を救えなかった。

病気で苦しむ兄弟姉妹を助けられなかった。

 

そんな風に、心のどこかで「助けられなかった罪」を感じてはいないでしょうか?

過去に背負ってしまった罪悪感を、無意識のうちに償おうとしてしまうのです。

償いの手段として、相手に尽くしすぎるという傾向が出てくるんですね。

 

頭で考えてそうなるのではなく、心と体が勝手に動いてしまうということ。

無意識だからこそ、気が付かないのです。

 

「どうして私はこんな尽くし過ぎるんだろう・・・」

 

こういうケースでは、あなたが無意識に償おうとしている「罪悪感」を終わらせてあげる必要があります。

「罪悪感」を持てば持つほど、それに見合った”問題の多い人”を引寄せてしまいますよ。

 

尽くしすぎ症候群の実例

では、ここで、実際にあった尽くしすぎ事例をご紹介します。

 

私の彼はとにかくモテる。付き合っていてもヒヤヒヤものでした。

すべて彼の好みに合うように必死にやってきたのに、最近彼の態度が冷たい。

他に好きな人ができたのか、ハッキリは言わないけれど・・・

会う回数もメールの数も激減。

こんなに努力してきたのに。

 

まず、1つめのキーワードは「彼の好みに合うように…」。

好きな人の好みに合わせたいという乙女心もわからなくはありません。

でも、なぜそこまで” 必死”になってしまうのでしょう?

 

彼女の心の奥には「いつか捨てられるのでは」という不安が常にあったのだと思います。

ご自分が「彼の好みに合わせたい」と思って合わせるのはOKですが、「捨てられまい」として彼の

好みに合わせてしまうというのが、NGなのです。

 

自分の周りの環境は、自分の心の中にあるものが投影された結果でしかありません。

そして、恐れいていることが実現化しやすくなります。

無意識のうちに、そのことにエネルギーを注いでしまうからですね。

 

そして、彼女の言葉の随所に、被害者意識が散りばめられているのがわかります。

彼が合わせろと言った訳でもなく、自分が勝手に合わせ過ぎて、相手が引いてしまったのです。

 

そんな彼を見て被害者のように感じているわけです。

まさに、ダメンズ引寄せ体質の代表例ですね。

これこそが、尽くし過ぎ症候群です。

尽くし過ぎる重い女から脱却する3ステップ

ではここから、「尽くし過ぎ症候群」にどう向き合い、どう脱却すればいいのか考えていきましょう。

 

◆STEP1

まずは、尽くしすぎるメンタリティはどこから来ているのかを、あなた自身が振り返ってください。

人の世話を焼いたり、尽くすことで望むような愛情を得られましたか?

自信の無さ、無価値感、ポッカリ空いた穴を、人に尽くすという手段を利用して埋めてきたのではありませんか?

まずは、そこにフォーカスしてくださいね。

 

◆STEP2

その後、その気づきを彼に正直に伝えてください。

・あなたが最近冷たくなったと感じて私はとても悲しかった

・正直あなたに全て合わせてきたのにどうしてこんな目に!とあなたを責める思いを持ったんだけど、自分の心の奥底を振り返ってみたら、私、自分に自信がなかったの。

・ 尽くさないと捨てられる。役に立たないと価値がないと思ってたみたい。

・だからあなたに尽くすことで私は、あなたに依存してた。それが分かったの

すごく、勇気のいることだと思います。

でも、「言わなくてもわかってほしい」というのはムリな話。

言わないと、伝わらないのです。

自分のホントの弱い部分を隠そうとするから、相手を責めてしまう。

責められたと感じた彼のほうは、よりいっそう心を閉ざしてしまったり、反撃に出たりするのです。

でも、正直に自分の本心を言ってる人に対しては、人はなかなか馬鹿にはできないもの。

勇気を出してみましょう!

 

◆STEP3

そして自分の気持ちを素直に言えたら、その後、どうするかは全面的に相手に任せましょう。

これがとても重要です。

本心を言った後、どうするかは相手に任せるのです。

「こういってほしい!」とコントロールしようとすると、またおかしくなります。

望む返事であっても、そうでなくても、相手と自分を許してあげましょうね。

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

 

 

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師