尽くしているように見えて、実は依存している!?

週末をひとりで過ごすKさん…

大好きな彼と同棲して半年。

最近、大型バイクの免許を取った彼は、ライダー仲間と休みの度にツーリング。

「ツーリング」の画像検索結果

最初は彼に乗せてもらっていたけど、彼と二人だけになれることもなく、そもそもバイクに興味も無いから、ツーリング仲間となじめない。

なんだか彼だけが楽しそう。

そのうち私は行かずに彼だけが行くようになりました。

 

「毎週出かけて楽しそうだね」と言うと、彼は子どものような笑顔で「うん!ありがとう!」と。

ホントは行って欲しくないけど、

笑顔で見送っている私も私だけど、

分かって欲しいのに悲しいなあ・・・。

 

このところ週末になるたび一人で過ごすK子さんは、爆発寸前です。

こんなK子さんを救う道はあるのでしょうか?

 

問題は期待しすぎなこと

上記を読んでどう思いましたか?

まま、よくあるパターンです(笑)

 

これの最大のポイントは何かというと

「分かってくれるはず」

この過大な期待が、問題を大きくしているだけのこと。

 

言わなくても通じるなんて、どこの世界の話しでしょうか?

言っても通じないことが多い中、言わなくても通じるハズだなんて、相手はイタコか超能力者でないと無理ですから~。(笑)

さらに

「恋人なら週末は一緒に過ごすのが当たり前」

「恋人なら私の気持ちは分かって当たり前」

「いつも私だけが一人残されるだなんてあり得ない!」

これは単にK子さん基準なだけで、全員がそういう価値基準ではないということ。

 

そもそも彼に対して「ワタシを幸せにする責任がある!」と心で思いっきり責めていますね。

だからこそハッキリ言えずに彼に「察しろ!」と思っているワケです。これはもう「チャイルド満載状態」です!!

K子さんが寂しい思いをすることの責任は、彼には全く無いのです!

これは、Kさんが自分で解決していかなければ行けない問題ですね。

 

ワタシを大事にしなさいよ!ワタシを幸せにしなさいよ!と

強烈に上から目線はわりには、どっぷり依存状態で、非常に情けない状態だということをしっかり認識してくださいね。

 

自分の幸せを相手の責任にしている限り、ずっと相手に振り回される人生になるわけですね。

不自由でめんどくさいですよ~。

 

なので、一人でいても充実させるようにするのか、彼に言うのか、自分もバイクのことを勉強するのか、

それはもうK子さんが、自分でしたいことをすればいいのです。

 

ただ、K子さん自身が、自分のことを、ちゃんと面倒見れるようにしていきましょう。

自分で自分をケアすること

「自分の世話を自分でする」

これは、相手にも自分にも、とても大事なことなんです。

特に長女に多い傾向なのですが・・・

小さい頃は妹弟の世話を焼き、大きくなってからは、友達や彼の世話をし、結婚してからは夫や子ども、その子供が成長してからは、孫と舅姑の介護の世話・・・。

こうして、自分をなおざりにして、ずっと誰かの世話をするのは、まさに「共依存」の特徴なんですね。

 

「世話をするのが心から嬉しい!」という方は全然問題ありません。

しかし人の面倒を見ながら、自分の面倒を誰かが見てくれることを期待してないでしょうか?

あるいは人の面倒を見ながら、その人から必要と思われることを期待していないでしょうか?

もしくは人の面倒を見ないと、自分には価値がなく、嫌われてしまうと思っていないでしょうか?

つまり人の世話をしながらその実【取引】していないか、ということ。

Iさんの例

クライアントのIさんは、彼と付き合ってすぐに、彼からある告白をされたそうです。

それは、彼が幼少の頃に親からひどい虐待を受けてきたこと。

あなたのことを決して見捨てない

施設に預けられていた彼は、どれほど辛かったかをIさんに打ち明けたわけです。

それを聞いたIさんは、見捨てられることがどんなにつらいことか、自らの体験で嫌というほど知っていたので「あなたのことをどんなことがあっても見捨てたりしない」と、心の中で誓ったんですね。

そして精神的にも、肉体的にも経済的にも支えに支えてきました。

それでお互い幸せなら、何の問題もありません。

 

しかし、彼がどんどん問題行動を起こし始めて、彼女がその尻拭いに奔走し始めるようになったのです。

これは一体どういうことでしょう?

彼女の行為は、相手を深くサポートしているようですが実は違うんですね。

助ければ助けるほど、相手が自ら学ぶ機会を奪っていた、ということなのです。

可哀想な彼に自分を投影

世話を焼き過ぎる母親も、これと全く同じ。どうしてこのようなことが起こるのか?

Iさんの場合、哀れな彼に、かつての自分を投影していたということ。彼の姿の向こうに自分を見ていたのです。

 

かつて自分が、親から十分に愛情をもらえなかったと思っていたため
「本当は、こんなふうにされたかった」ということを、彼に対してやっていただけなんです。

 

つまり

彼を助けることで、かつての自分を助けようと、無意識でしていた、ということなんですね。

それをやってあげても、自分自身は、心から満たされることはないはずです。

やっても、やっても、相手の行動が変わらなかったり、自分が望むような反応がないと、途端にイラッとしたり、不安になったりしませんか?

 

「自分の面倒は自分が見る」自分で自分の世話が出来ない人だからこそ人の世話をしたがる

やるべきことは、彼の面倒を見ることじゃない。

本当に必要なことは、あなたがあなたの面倒を見る

これに尽きるわけです。

自分で自分の面倒を見る。自分で自分の世話が出来ない人ほど、人の世話をしたがります。その理由は先ほどお伝えした通り。相手の姿に自分を重ねているからです。

自分の面倒を見るとは自分のケアをする。ということですね。

どんなことが自分のケアをする事なのか?

・早朝、誰にも邪魔されない時間に本を読む
・ずっと気になっていた歯医者に行く
・古くなった化粧品は捨てる
・心静かに神社に一人でお参りする

などなど、まずは書き出して一つづつ実行していきましょう。

そこからスタートですね。

 

「期間限定小冊子プレゼント」

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく 幸せなパートナーシップを 築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を 傷つけあうのではなく お互いを高め合える 関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、 再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた "たった一つの方法"とは? で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと 豊かさを手に入れる方法を 湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが 「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される 浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。 でも気づけばまた同じことを繰返している。 これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、 同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず 誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。 それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら 「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・チャイルドセラピー修了
・原田隆史リーチング講師