甘えて来る夫や子供にイラッ!依存される側の原因と対策

自分の周りに依存してくる人が多い。夫や子供から甘えられるとついカチンときてしまい、そんな自分をどこか責めていないでしょうか?今日はそんな「依存される側」になってしまう原因と対策について湯川の事例からお伝えして行きます。

甘えられることへの怒りの原因は親への恨み心

湯川です。

自分の周りは依存的な人が多い。
甘えてくる人を見るとイラッとする。
旦那が依存的で頼りなく見えてしまう。
無邪気に甘えてくる子供にカチンと来てしまう。
そんな自分は母親として失格じゃないか。

こんなことで悩んで居ないでしょうか?

甘えること、甘えられること、依存されることに
激しくイライラしてしまうのは
自分が親に甘えられなかった、という恨み心を持っているから。

そう言われても、あまりピンとこないかもしれませんね。

 

今日はそんなことを、湯川の子供の頃のエピソードから
紐解いて行きたいと思います。
その中からヒントを掴んで頂けたら嬉しいです。

乳離れがなかなか出来ない

いきなりですが・・・
湯川は子供の頃、母のおっぱいが大好きな子でした。

たしか小学校3、4年になっても、まだ触っていたくらいの
おっぱい星人“だったんですよ。

そんな私に対して、父は猛烈と叱るわけです。

私自身は父が近くに居ないと確認してから
母のおっぱいをコッソリ触っていたのですが、
なぜか「どこで見てる?」と思う所で顔を出し、
ドカン!とカミナリが落ちる、ということが良くあったんですね〜。

そんな父に対して、どう思っていたかと言うと、
怒鳴られることが、ただただ怖い、というのもありましたが、
同時に

ああ、お母さんに甘えられなくて拗ねている子供みたいだなあ。
私が触っているのを見て、自分も触りたいのに触れなくて怒っているんだなあ

って思っていたんですよ。

ホントどれだけ自分に都合よく、親を見下していたんでしょうね。
ナチュラル過ぎて見下しているとは、
あの頃の私は全く気づいていませんでした。

甘えたい!気持ちをずっと否定していた

大人になるにつれ、甘えている人を見るたび
イラつく自分がいました。

「甘えてはいけない」
「甘えるべきではない」
という思い込みが、すごーく強かったんですね。

当時の私は
「自分は自立しているから、甘えている人はイヤなんだ」
と思っていたんですね。

でもね、本当のところはそうではなく

「甘えることはダメ」と否定していることで、
自分の本当の気持ちを押さえ込み、がっちり鍵をかけて封印していただけ。

まだまだ甘えたい!という思いが相当強かった、というのが
ホントのところなのです。

でも甘えちゃダメ、依存はダメ、と
自分の気持ちを見ないように、
感じないように押さえつけて否定していたから、自分のその気持ちが
「成仏できず」にずっとくすぶったままだったのです。

だからこそ、おおっぴらに甘えている人を見ると、
カチン!と来てたワケ。

ホントはまだまだ甘えたい!依存したい!
という思いが残っていたからこそ、
自分の思いを周りに投影し、
依存的で甘える人ばかりを登場させていた、ということなんですね。

なので自分の周りには、どんな人が多いのか?
それを見ると自分の内面が、ハッキリ分かります。

自分の感情のその奥にあるものを見つける

自分の感情に対して
「そんなこと思っちゃダメ!」と否定するのではなく、
むしろその気持ちをちゃんと分かってあげること。
決して否定しないこと。
充分分かって上げること。


その上で、もし甘えることが出来たとするなら、何が得られるのかを考えると良いのです。

私の場合ですと、おっぱいを触ることで、
安心感ややすらぎの感覚を得られた訳です。本当に至福で本当に安らいだのですよ〜。

周りにあると認識できるものは、自分の中にも「種」がある

それが自分には無いから、母のおっぱいを触ることで
得ようとしていたのです。

 

でもね、周りは自分の投影ですから、
母にあると思うものは、実は自分にもある

それに気づいた時は驚愕でした。

無いのではなく、むしろ自分の中にあるんだよと。
それに早く気づきなさいよ、その部分に早く繋がりなさいよ、ということ。

それに気づかないから、わざわざ何度も父から怒られる、
という現象を引き起こしていたのですね。

まあ、それに気づいたのは
40歳にもなってからのことでしたね。いやーー、お恥ずかしい(汗)

チャイルドへの言葉がけ

以下、その時の自分がチャイルドにかけた言葉です。

おっぱい大好きだよね。
だって触っていると安心するよね。その時間は至福だよね。
柔らかくて安心するよね。あの感覚は本当に喜びだったよね。

あの感覚の中にいると何の心配もないし、
ただただ安心感と安らぎを得られたんだよね。

それはもうお母さんからもらわなくても、あなたの中に元々あるんだよ。
元々あるから、それをお母さんに投影していただけなんだよ。
自分のなかにあるよ、ちゃんとあるよ。

そこと繋がれば、お母さんがいなくても
あなたは自分が自分を満たすことが出来るよ。

これが本当の至福、安らぎだよ。
自分の中に平安、安らぎを見つけられると、もう最高だよ。

その時にはもうおっぱいは必要ないんだよ。
あなたの存在が、安らぎ安心そのものだからね。
はやくその世界においでね。

被害者は居ない!全て自分が決めて「今」がある

自分が今40歳であろうが、50歳であろうが、幾つであろうが
こうしてちゃんとチャイルドに向き合って行く。

自分は父の被害者ではなく、父も子供みたいな人ではなく、
自分がすべて決めて「今」がある。

そう腑に落ちたとき、否定していた思いの奥には、
こんな素敵なお宝が眠っている、ということに気づいたのでした。

自分の中に本当は安心・安らぎがある。

甘えるのはダメ、依存だダメだ、と否定しているうちは
気づけなかったことなのです

なのであなたが今、依存を激しく嫌っていたり
甘えることに抵抗があるなら、
それこそがあなたが幸せになる鍵に繋がっているはず。

どうか早く見つけて上げて欲しい。
それが自分の幸せに近づく1つの大事なステップになりますからね。

 

湯川 央恵

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

 

 

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師