*

子育ては完璧主義でなくていい

   

子供が幸せになるのは本人次第

いろいろな方のセッションをしていて、思うことがあります。

 

どんな親の元に育てられたとしても、

幸せになるかどうかは

本人にかかっていると。

 

一般的に、優しい親に育てられた子どもは幸せに育ち、

そうでない親の元に育った子どもは、不幸せな人生を歩むと思いがちかもしれません。

特に今、子育て真っ最中のお母さん方は、ちょっとでも子どもに

「トラウマ」になりそうなことをしてしまったと思うと、

「この子の心に傷を負わせてしまった・・・」と、自分を責めていませんか?

 

でもね、それは違うなあって思うのです。

 

優しくて、何でもやってくれた親の元で育った子供でも、

「何でも親がやり過ぎたおかげで、私は何も出来ない大人になってしまった」

と親を責める人もいるし、

親が仕事で忙しくて構われなかった時代を過ごした人が大人になって、

「親が居なかったからこそ、姉妹力合せて、何とかやっていく術を身につけることができた」

と思う人もいます。

 

だから親が

「何をした」とか「しなかった」とかは、多少の影響はあったとしても、

決定打ではないのです。

 

出来事に対して本人が

どんな意味づけをするか、どんな解釈をするか

だけなんですよね。

 

そのことによって自分が不幸だと思った人は、

その不幸度合いを証明する行動を無意識に取ってしまうでしょうし、

そうではなく「見返してやる」と思ってがむしゃらに頑張る人もいるでしょう。

 

出来事自体に、良いも悪いも無いなあと本当に思います。

 

傷つけてしまうことを怖がらなくていい

その出来事で自分はどう思ったのか?

何を心に決めたのか?

学習したことは何か?

 

それをヒアリングすると、その人がこれまでどんな人生を歩んできたのか、

そしてこれからどんな人生を歩むのかが分かります。

なのでお母さん方に言いたいのは、

傷つけてしまうことを怖がらなくてもいい

ということ。

 

むしろ傷の一つもない、ツンツルテンの完全無菌状態のような子供を

育てようとしないでください。

親が子供を傷つけまいとして、先回りしてアレコレすることで

「失敗する権利」さえ、子どもに与えてあげられなくなるのです。

 

私たちの子育てのゴールは、子どもに失敗させないことではなく、

失敗も苦渋も味わいながら、

この子をしっかり自立させて社会に送り出すことなのですから。

 

子どもの自己肯定感を高める前に…

そして、

子どもの自己肯定感を高める前には、

親であるあなた自身の自己肯定感を高める必要があります。

 

大人になると「出来て当たり前」なことが本当に多いです。

人に誉めてもらうことって、ホントすくないですよね~。

 

なので、是非、自分で自分を誉め続けてあげてくださいね。

些細なことでいいので、自分自身を誉めることを続けてください。

誉めるとき、心の中で思うだけではなく、なるべく声に出すことをオススメします。

「(自分の名前○○ちゃん)サイコー!イケてるやん!」

などと言いながら、体をポンポンと軽くタッチしてあげるのがいいです。

 

「自分を褒める」を習慣づけるコツ

続けるポイントは簡単です。

これはある方に教えてもらいました。

 

1日1回、自分を誉められたら

スケジュール帳でもカレンダーでもいいので

スタンプを押す。

 

これだけ。

 

要は「見える化」です。

そしてスタンプは、なるべく可愛いのがいいですね~。

 

子どもの頃、幼稚園に行ったらシールを貼ってもらいませんでしたか?

あれと同じです。貼ってもらったら嬉しかったですよね~。

 

ただし、20日までは、1日でも出来ない日があったら、また最初からスタートです。

私は最初、3日も続けられませんでした。

もう、何度も何度も3日までを繰り返しました。

正直

「自分を誉めることで何が変わるのか!」

とちょっと馬鹿にしていたところがあったのですが、その簡単なことでも出来ないことで、かえって真面目に取り組もうと思ったんですね。

 

私の場合、一番しんどかったのが最初の3日間と、一週間、そして20日。

一体いつになったら、1ヶ月が経過するんだろうと、思ったくらいです。

20日をクリアした頃から、一気にラクになってきました。

そして今までどうしても出来なかった毎朝のお祈りと瞑想が出来るようにました。

ずっとこれがしたくて、やっては、すぐストップ、というのがずーっと続いていたんですね。

 

でもね、この「自分を誉める」ことをしてから、不思議なんですが、「やらなきゃ」と思うことなく、スルスルと出来てしまうんですね~。

これが、自己肯定感を高めることに繋がっていくんですね。

だって、いつも出来なかったことが、いとも簡単に出来て、それが続くんですから。

自己肯定感が高まると、自分の潜在的な力を信じられるようになります。

是非、かわいいスタンプを買ってきて、毎日楽しんでやってみてくださいね!

 

 

The following two tabs change content below.
湯川 央恵
幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、 解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。 クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。 恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。 全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

 - ├ 子供の自己肯定感