イチローの基準の高さを維持できるたった一つの理由

ダメンズ引寄せ症候群・集中治療室の湯川央恵です。
今日の東京は暖かい!桜のつぼみもホッとしたかもしれませんね!

書籍「イチローに糸井重里が聞く」

先日のイチローの引退宣言を受け、15年前に出たこちらの本を読み返しました。

「イチローに糸井重里が聞く」

こちらタイトル通り、2004年に糸井重里さんがイチローに、インタビューしているものになります。

随分前に読んだきりでしたが、今回イチローの引退を受け、今一度読み返しましたが、

改めて「イチローまじスゲーーーー!」

こんな月並みな言葉しか出ない、自分の語彙力の無さに呆れるばかりですが…
いやもうホントこの言葉しか出ないの。

しかもこの本が出た時、イチローはわずか30歳ですから…。

やりたいことをやるために、やらなきゃいけないことは全部やる

野球をするために、やらなきゃいけないことは全部やる。それは当然の作業。

自分の出来る全てのチカラを出せる準備をする。だから負けた時に言い訳の材料がない

なんなのでしょうー!イチローの「当り前にやること」の基準がもうスバ抜けています。

「やらなきゃいけないことは全部」ですよ!全部!もう圧倒的です。
しかも負けた時に言い訳が無いくらい、全てのチカラを出せる準備を自らがやり切るってこと。

欲しい結果に対して「欲しい」と思うからこそ、全力でコミットする。それはイチローにとって至極当然のこと。

「お前はここまでコミット出来ているのか?出来てないのに、結果だけを得ようなんて違うんじゃないのか?」思わず自分で突っ込んでしまいました(苦笑)

イチローの基準の高さを維持できるたった一つの理由

そこで何でイチローは、当り前の基準がそこまで、スバ抜けることが出来たのかを考えてみました。

いろいろある中で、絶対外せないのはコレだと思いました。

「被害者意識が無いこと」

当り前やん〜、と思われました?(笑)イチローが野球を「やらされ感」でやっていたら、どうでしょう?

「何でオレこんなことしなきゃイケナイ訳?」
「オレは悪くないよね、球団が悪いんでしょ」
「そもそも監督が教えてくれないから、ここんとこ打率伸びないんだよね」

なんて言ってるイチロー、とても考えられないですよね。もしこんな思いを持っていたら、これまでの偉業は達成できていなかったでしょう。

 

他人の事だと明確に分かるのに、自分の場合だと

「だってあの人が」

「私は悪くない」なんて思いがちなんですよね。イチローが目の前にいたら「それってただの言い訳だね」なんてサクっと言われそうです(笑)

エネルギーを分散させずに必要なところに一気に投入させる

自分の持つ100あるチカラを、欲しいことに対して100投入することが出来るのは「被害者意識がない」というのが、前提として必須だなと改めて思いました。

これ、欲しい現実を手にしている人達が、すべからくやっていることなんですよね。

実はイチローもトランプ大統領も、あなたも私も、持つエネルギーは同じ100。「え?同じ?」と思われました?イチローやトランプ大統領は、自分たちよりエネルギーが多いように見えているでしょ。

なぜそう見えるのかと言うと、余計なところにエネルギーを分散させていなから。

じゃあエネルギーって何か?

「自分を動かすチカラ」だと湯川は思っています。

幸せになることにエネルギーを一点投下させる

物理法則と同じです。

蒸気機関車がなぜ動くのか?蒸気のチカラを列車を動かすこと一点に活用しているから。あのエネルギーをあちこちに使っていたら、重い機関車など動かせません。

なので自分を動かすチカラを、あちこちに分散させるのではなく、欲しいものを得るために、一点集中させる。

だから欲しいものが得られるし、エネルギー高く見えているだけのことなのです!

国を強くするなら強くすることに、野球をどこまでも追求するなら追求することに。

だからあなたも幸せになりたいなら、幸せになることに、自分を動かすチカラ=エネルギーを、一点投下させるってことです。

 

4月に限定3名の個別相談会を致します。

あなたの欲しい現実を手に入れるためにも、この相談会を是非活用して頂きたいと思います。混乱した課題を一緒に整理しましょう。

そして何からどうやって行けばいいのか、優先順位をつけていきましょう。

被害者意識で囚われて、本当の問題が見えなくなってしまっているかもしれません。あれこれ迷う時間を少なくする。欲しいものを得る為には、やれることを100やっていく。

その気持ちを持ってご参加下さい!

詳細はコチラ

 

 

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。