連日の個別相談会、
喋りっぱなしで喉が痛い
パートナーシップ心理学アカデミー 主宰の湯川央恵です。

何をもって変わったのか?

「湯川先生のメルマガを読んで、自分が変わったら相手も変わりました!」

という言葉をよく頂きます。

それはそれで、とても嬉しいことなのですが、
その言葉の後、いつも湯川が確認することがあります。

「自分が変わった」って
どのように変わったのですか?

例えば、
いつも横柄な態度を取っている夫(彼)に対して、
こちらが下手に出て、ご機嫌を伺うような態度に変えたら、
相手はキレなかった。

いつキレるかと、いつもはヒヤヒヤビクビクしていたけど、
そうじゃなくってホッとした。

こんな状態をもって「相手が変わった」と言っているなら、
それは違いますよね

こちらが下手に出なかったら、
結局は「いつも通り」かもしれませんから。

同様に、いつも夫にイライラしている自分が、ちょっと我慢して話を聞くようにしたら、ケンカの回数がグッと減った。

これも自分が我慢できなければ、いつも通りケンカしている、かもしれません。

つまりそれって「大して変わっていない」ということなのです。

根本解決とは?

湯川がいつも言うところの「根本解決」というのは、そういう表面的な事ではありません!

自分の潜在意識を変えて行く、ということなのです。
思い込みを変えていく、ということなのです。
相手の振る舞いに対しての、自分の反応を変えていくということなのです。

同時に
欲しくて仕方なかった「分かって欲しい!」「認めて欲しい!」「気づいて欲しい!」「褒めて欲しい!」「見て欲しい!」などが、そんなに欲しい!と思わなくなる状態で、そんなのがなくても幸せを感じられる自分ですよ

もちろん、そういう褒め言葉や承認が、いらないってわけじゃないんです。あったらあったで嬉しい。でもなくても問題ない、という感じですね。

無理に我慢する事でもなく、相手の機嫌を取ることでもなく、下手に出ることでもなく、変な気を使う事でもない。

自分の偏った見方を整え、相手との関係性を変えていくのです。

大きな出来事になる前の、小さな兆候を見逃さない

今パートナーシップにおいて問題が起きているということは、潜在的な小さな問題がこれまで幾つも起きていたハズなのです。

・同じようなケンカを繰り返し起こしていたり
・些細なことで怒りが止まらなかったり
・相手を正さずにはおれなかったり
・ケンカが嫌なのですぐに謝ったり
・謝ってもらっても気が済まなかったり・・・

こういう小さな兆候を、そのままにしないことです。
小さなうちに手をつけれいれば、大きな問題になることが防げます!!

小さな兆候をキャッチできる目を持って欲しいと思います。

でもそこで、その場しのぎの「痛み止め」を飲んで、なんとなくマシになったとします。それって問題を先延ばしにしているだけ。なんの問題解決にもなっていませんね。

むしろ痛み止めでごまかしたことで、後々とんでもないことになっていた、なんてことはよく聞く話。

相手を変えようと、表面的なテクニックを使ったり、コントロールしたり、ぎゃーぎゃーわめいたり、被害者になってみたり。

そんなことをやっても意味がないことは、あなたなら、よくお分かりですよね。

パートナーシップに関わらず、人との関係性は、見事に自分の「写し鏡」です。

横柄な態度を取られて困っている現実があるなら「横柄な態度をとっても許される」と思っている部分が自分の中に無いかを見つめることです。

これ、一人でやっても、まず分かりません。
分かっていたら、そんな現実は起きていないはずですから。それくらい思い込みを自分で見つけることは難しい。

現実は嘘をつきません。
自分の我がままで依存的な、子供っぽい思考を、躾け直すこと。
相手を変えるのではなく、自分から変えていくことを決意することです。

人間関係が改善されると、ストレスは大幅に減ります。

コレ迄自分がどれだけエネルギーの無駄遣いをしていたのかということが、決したときにハッキリ分かります。こんな無駄遣いしていたのかーって!

特にパートナーシップは生活の核となる部分。
ここが改善されることで人生の質が大きく改善されますね。

 

ダメンズ・モラハラパートナーに振り回され我慢ばかりしているあなたへ

● パートナーと同じことでケンカを繰り返している
● パートナーや子供に対してイライラが止まらない
● 自分に自信がなくパートナーに振り回されて疲れ切っている
● 気がつくとパートナーを論破している自分がいる
● 自分ばかり犠牲になっている

そんな方は個別体験会にお越しください。
苦しい恋愛や結婚、人間関係になってしまう「根本原因」を見つけ出し「根本解決」をしていくための「あなたに合った、あなたの為だけの」幸せになる道筋です。
わずか2時間、目からウロコが落ちるでしょう。

パートナーシップ心理学アカデミー初回体験会