これまで湯川は、パートナーからのDVやモラハラに悩む方のセッションを、多数してきました。

今日は加害者・被害者の両方に向けてのメッセージをお送りしたいと思います。

DV加害者も被害者もお互い傷つけあっている

 

 

 

 

 

最近では、加害者側の相談も増えて来ています。アタマでは分かっていても、相手を責め立てたり暴言が止まらない、という相談ですね。

DVをする側もされる側も、お互いを傷つけあい、何も得るものはありません。
力で相手をねじ伏せたとしても、満足はできませんからね。

もしあなたがDVを受けている、というのであれば何を置いてもまず自分の身を守る事。
そして精神的にも物理的にも相手との距離を取る、ということが大事です。

その上で、やはり考えてほしいことがあります。

モラハラの依存体質と隠れたメッセージ

ここから先は「本当に変わりたい!」と思っている方だけに読んでいただきたいと思います。

DVモラハラは被害者も加害者も同じ「課題」を持っています。

パートナーからのDVモラハラなどの支配が行われる時、それはあなたに以下のメッセージが来ているのです。

自立するチカラを身につけよ!

DVする方も、される方も「依存的体質」があるのだ、ということを知ってください。

境界線が曖昧で距離感のない、べったりした関係。
自分で責任を負うことから逃げ、ずっと相手任せ、相手の責任にしてきたはずなのです。

それがお互いの姿、なのです。

モラハラ対処法ー決意する時

そもそもあなた自身は、自分で気付こうが気付くまいが、自立できるほどの強さと自由を求める気持ちを持っている人であるはず。

DVに代表される、支配や締め付けが強制的に行われる時、

「自立できるチカラを身につけなさい!」
「人のせいにせず、自分の人生の責任を負うと決意しなさい!」

このメッセージが、被害者にも加害者にも、両方に対して
いよいよ本格的にやって来た!ということを知ってください。

モラハラ対処法ー自分の人生のケツを拭け

これまで何度も決意する機会はあったはずなのです。

厳しいようですが、それを先延ばしにしたり見ないようにしてきたのは、あなた自身の責任だということ。

人のせいにする生き方を辞める。
自分の世話は自分で出来るようになる。

それを今こそ決意する時だ、ということなのです。

つまり、自分の本当のチカラを見くびるな、ってことなのです!!

被害者で居続けても、加害者で居続けても、
何一つ解決しないばかりか、年月ばかりがいたずらに過ぎていくのです。

モラハラが解決した先は?

心の底から笑ったのはいつですか?
満天の星空を見て感動したのはいつですか?

残された時間は、あと少ししかないかもしれないのです。

自分の底力を信じてください。

その危機感を利用して、前向きに自分自身を変えていく具体的な「行動」をとっていきましょう!

 

湯川 央恵

この記事も参考になりますよ。


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!