反省したのに、何も状況が変わりません!

自分の傲慢さに気づいたKさん、反省したのに…

先日Kさんという方からメールをいただきました。

「自分の至らなさ、傲慢さ、未熟さを洗いざらい認めて、いったん底に潜る」
湯川さんのブログを読んで、
私は夫に対して傲慢だったと気づき、それを認めました。
反省もしました。
さんざん落ち込んでガックリもきました。
でもね湯川さん、
夫は相変わらず私を責めてばかりで何も変わりません。
どういうことでしょう。

Kさん、ご質問をありがとうございます。
そのブログ記事って、これのことかな?
「負けをハッキリ認めると何が起こるか?」
http://ameblo.jp/katei-coach/entry-12213256798.html

 

まずはKさん、
自分の傲慢さに気づかれたのですね。
それはホントに良かった!

気づけないと、そもそも
変わりようがありませんからね~。

まあ、夫から責められているというのは、
正直ツライ状況ですね。

 

でもね、Kさんにお伝えしたいことは
責められたって思っているときって、
自分こそが先に責め立てていたはずってこと。

 

責めた相手は夫かもしれないけど
どちらかというと
子供や周りの人、
特に親に対してその思いがある(あった)はずなのです。

Kさん、いかがでしょう?

 

本当に気づいたときは、落ち込まない

それとね、ホントに気づいた時って、
実は「落ち込む」んじゃないんですよ。
気分感情で落ち込んでいる間は、
本当に反省したのではないんだな、これが。

本当にごめんなさい!本当に私が悪かった!」って
心底思えたときって、
もう完全に視点が変わっているのです。
だから見え方がガラリと変わるんですね!

それこそ自分が被害者だと思っていたのが、
自分こそが加害者だったー!
みたいなことです~。
ホントびっくりです★

 

なのに
「何も変わりません」と言っているということは、
自分は「反省した」と
口先だけで言ってる、ってことなのです。

それどころか
「反省したのよ!」
「私が悪かったって認めているじゃないの!」って
理解したフリをしているってことなんですのよん~。

 

本当に自分の傲慢さに気づいたときって、
落ち込むというよりも、
心から謝罪の気持ちが湧いてくるので、
もう二度とすまい、と思うので行動が変わってくるの。

だからね、さっきも言ったけど
気分感情で落ち込んでいる間は、
本当に反省したのではないってことね!

 

言葉でわかるKさんの心の部分

それは言葉遣いでわかる。

でもね湯川さん」という言葉。
この「でもね」と似た言葉に
「しかし」とか
「そうは言ってもね」。

 

これらの言葉を言いたいときって、
どんな時か分かります?

表面的には認めていても、
心の中では全く認めることが出来ていないとき
なのです。

 

ホントは
「認めたくなーい!」
「悪いのは相手だー!」
「変わるべきは相手だー!」って思っているってこと。

だから「何も変わらない」ってことなんですよ~。

相手を通して自分の姿が映っているだけなんです。

 

自分こそが素直じゃなくて
人のいうことに耳を貸さず頑固でいてるってこと。

自分の顔は自分では見えない。
鏡がないと見えないですね。
だから相手を鏡にして、自分の姿を見せてもらっているわけです。

だとしたら鏡に映った姿を変えたければ、
本体の自分を変えていくことなんですね。
それが根本解決になるのです。

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

 

 

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師