身内にどんな言葉遣いをしていますか?ちょっとくらいいいだろうと辛辣な言い方をしてないでしょうか?今日は言葉の使い方について、具体的に自分の「言い方」「伝え方」のクセに気づく方法をお伝えして行きたいと思います。

人が成長したと思えるポイント3つ

自分で自分を幸せにし、
お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー主宰 湯川央恵です。

 

普段セッションをしていて
人が成長したなーと思う時があります。

いろんな観点があると思いますが、
私は3点が上げられると思うんですね。

1、 物事の受け取り方が変わる
2、 客観視出来る範囲が広がる
3、 ものの言い方が変わる

1と2については日頃こちらでよく伝えていますので、
今日は特に3番目の
「ものの言い方が変わる」
についてお伝えしたいと思います。

身内に辛辣な言い方が出来るのはただの「甘え」

download-8.jpg

家の外では優しく温厚な話し方をしていても、
身内には辛辣で、ぞんざいな言葉遣いをする人は結構いるようです。

何を隠そう、私自身も高校時代、
母に対する横柄な言葉遣いをする様子に、遊びに来てくれた友人がドン引きした、という苦い経験があります。

身内や、近しい人には「照れ」があって、なかなか丁寧には言いにくいものです。

多少キツい言葉遣いであっても、
言葉が足りなくても、
何となく通じて、許されるようなところがあります。

でもね、この「何となく通じて許される」というところに、甘んじていないか?

images-5.jpg

ココに切り込んで行くことは、とっても大事なことだと思うんですよね。

他人には出来ない言葉遣いを、なぜ身内には出来るのか?ということですね。

客観視できて初めて自分の姿を知る

普段自分がどんな
「ものの言い方」をしているか、というのは、
なかなか気づけないんですね。

湯川のプログラムを受講されている方は、
個人セッションを全て録音してもらっています。

それを、復習のために後で聞き直されているのですが、
最初の頃はセッション内容よりも、
自分の「ものの言い方」に愕然とされる方が多いんですね。

「こんな無愛想に答えていたのか」

「びっくりするほど不機嫌な声!」

「何度も同じ質問されているのにトンチンカンな答えをしている」

客観的に聞いて、
初めて自分の「姿」が分かる訳ですね。

意識できないことは変えようがありませんが
意識出来たことは変えることが出来ます。

事実、プログラム受講生さんは
回を重ねるごとに、ご自身でも意識されるので、
その受け答えはどんどん変わって来ます。

「やってもいい時」に「やらない」を選択する生き方

メンターから随分昔に
「権利を使い果たさない生き方」について
教えてもらったことがあります。

例えば電車で目的地に向かおうとしたときに
人身事故があったとします。

 

「こんな状況なら、遅れても仕方ないな」
というときに、
「当然のように遅れてくる人」と
「それでも遅れないように努力する人」がいます。

「そうなっても仕方ない時」に
「そうはしない」という生き方。

「やってもいい時」に
「やらない」を選択する生き方。

こういう努力の姿勢が
「身内にどんな言葉遣いをしているのか」にも
通じるように思うのです。

 

身内だからということで、甘えるのはカンタンですが、
むしろ身内だからこそ「丁寧に伝える」を、ホンの少し意識してやってみられてはいかがでしょう?

はい、もちろん私自身もです(笑)

 

湯川 央恵