妻の働きを認めない夫の本音

———————–
10月体験会 満員御礼

11月度は
10月20日に募集開始!
———————–

自分で自分を幸せにし、
お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー主宰 湯川央恵です。

親の死の前にやるべきこと

 

私のプログラムを受講後、
親の最期を見送られた方が、何人かいらっしゃいます。

その方達が葬儀後、このように話しておられました。

 

親の死は悲しかったけど、何よりも生前に親の愛に気づけたことと
自分が親にやってきたことを、心から謝ることができたのは、このプログラムを受けていたからこそ。

受けていなかったら、いまだに親を見下し、葬式も“泣けなかった”はず

そう思うと、被害者意識のままでいることが、どれほど怖いことなのかと思いました。

 

プログラム受講された方で、親の最期を見送られた方は、どなたも同じような言葉をおっしゃいます。
被害者意識のままだと、白が黒に見え、善が悪に見えます。
親が良かれと思ってやっていることも、全く逆に見えてしまうのです。

それは親にとっても、悲しいことではありますが
何よりもそう見ている自分自身が苦しいはずなのです。

親の働きをどう捉えているのか?

先日来よりお伝えしている、夫から家事育児パートでクタクタになっているOさんが
夫から「もっと働け!」と言われることについても、実はこれに関連しているのです。

まだ読んでおられない方はこちらから。

昨日は、エネルギーは完全バランスで、
人生全体を通して、自分がやってきたことが、全て返ってくるのがこの世の世界、であることをお伝えしました。

Oさんはお父さんのことを、大したことをせず、口ばかりでお母さんに完全依存している。
生活のベースを作っていたのは、お父さんじゃない、お母さんなんだ!と思っておられました。

私がOさんに伝えたのは

「本当にお父さんは何もしていないのですか?」ということ。

全ては自分の鏡

なぜ私がこれを伝えたのか?

Oさんがお父さんのやっていることの、価値を認めなければ認めない程
Oさんが家事育児パートにクタクタになっていても、
夫から全くその価値を認めてもらえていない、という構造になっているから。

Oさんが夫から、自分のやっている家事・育児・パートなどの働きを認めてほしいのであれば、

先にOさんがお父さんの働き、お父さんの価値を認めない限り
無理な話なのです。

見たいように見て、聞きたいように聞いている

子供は見えていることでしか判断できません。
お父さんが家でゴロゴロしていても、仕事でガシガシ働いているからこそ、家ではゆっくりしているのかもしれないってことも想像できません

子供が見えていないところでは、親がどれだけの責任を負い、胃が痛くなるような思いをして、
日々家族を守ろう、支えようとしてくれていたのかということなのです。

そんなことも分からず、好き勝手なことをいうのが子供なのです。

そこに気づかれたOさん。

呆然とした様子で
「夫から言われることが、まさか私がお父さんに見ていたことと繋がっていたなんて!」

 

お父さんのやってくれていることの価値を低く見て
「大したことしてない!」「いいとこ取りだ!」「お母さんに甘えるのもいい加減にしろ!」

これを辞めない限り、夫からOさんは「もっとやれ!」と言われる現実は変わらない、ということになるのです。
親の価値を認めないと、パートナーや子供、お客様からも価値を認められません。

どんなにやっても価値を低く見られます。
お客様から頻繁に「値引き」や「クレーム」を受ける、ということにもなります。

こうして、親との関係性を改善して行くというのは、計り知れない恩恵を受けることになるのです。

ちなみにOさんには、もっと詳細な部分をお伝えしています。
Oさんのこれからの変化が楽しみです。

どんな人生を歩みたいですか?

”パートナーシップ心理学アカデミー”で得られるものは
パートナーとの関係性が変わる、だけではありません。

あなたを含めた家族全員を幸せにするものになります。
親との問題は、パートナーとの問題として現れ、仕事にも子育てにも、あらゆるところに影響を及ぼしています。

これからも同じようなことで悩み続けますか?
いつまで相手任せにしますか?

幸せになるのは自分の責任なのです。

 

こちらの記事もご覧ください

やってきたことが帰ってくる世界について、姉との関係で気づいたことを書いています。

湯川自身が親のことを完全に見下していた所から気づけた時のことを書いています。

家庭内ヒエラルキーが乱れている時もこんなことが起こります

 

湯川央恵

「期間限定小冊子プレゼント」

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく 幸せなパートナーシップを 築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を 傷つけあうのではなく お互いを高め合える 関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、 再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた "たった一つの方法"とは? で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと 豊かさを手に入れる方法を 湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが 「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される 浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。 でも気づけばまた同じことを繰返している。 これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、 同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず 誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。 それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら 「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・チャイルドセラピー修了
・原田隆史リーチング講師