【納得】自分の周りに厳しく言う人が多い理由

今日は実母の七回忌。朝から奈良に来ています。
それにしても、なんて時の流れは早いのでしょう。

そしてどれだけ時間が経ったとしても、いや経つにつれて、
親のスゴさ、愛の大きさ、深さに改めて気付かされます。

 

 

 

 

さて昨日お伝えしたOさんの事例です。
毎日フラフラになるまでやっている家事育児を、夫から「大したことしてない」と言われ
挙句「もっと働け!」と言われるOさんの事例をお伝えしました。

まだ読んでおられない方はこちらからどうそ。

湯川は、依存的で攻撃的なお父さんの姿と、Oさんの姿が同じで、
家族のために犠牲的に尽くしているお母さんの姿と、Oさんの夫が同じだと言いましたが・・・

でもそう言われても、今のOさんはとても働き者。

なので、どこがお父さんと同じなのか、
ぴんと来ないと言う方も、読者の中にはいらっしゃっるかもしれません。

今日の内容をお伝えする前に、お断りしておきます。今日のブログは厳しいです。
「相手に変わってもらおうとするのではなく、自分が変わるんだ!」

そんな思いのある人だけ、お読みください。

問題解決は今だけを見ていては出来ない

さて、Oさんのような場合、
現象が起こっている”今”だけを見ていては全く解決できません。

必ず幼少期を含めた
人生全体を見ないと問題は解決しないんですね。

図2.png

やってもらって当たり前と思うルーツとは

実はOさん、学生時代にあるトラウマを抱えてしまうのですが
その出来事を大人になるまで、ずっと親のせいにしていました。

「親がもっと子供の行く末を考え導いてくれたら、こんなことにはなっていなかった」

「何も教えてくれなかった。アドバイスもくれなかった」

こんな風に、親だったらもっと、こうすべきああすべきと
自分の望む通りに何もかもお膳立てしてもらわないと、不平不満ばかり持っていてたんですね。

でもそれが「不平不満」であるとか、「親のせいにしている」とかは全くわからないのです。

661e2d155ebda60fbdf1c64817f13498_s.jpg

これはOさんに関わらず、誰もがそうです。
それほど親からしてもらうことは当たり前で、親のせいにしちゃうんですよね。

エネルギーは完全バランスー欲しければ見合った分を出せ

そして何よりも
エネルギーは出した分しか帰ってきません。これはどうやら法則のようです。

自分がこれまであまり出して来なかったのに、先に得てしまうと、どうなるか?
後で、その分の支払いをしないといけなくなるのです。

例えば、カードでお買い物をバンバンすると、その時はいいですが、
使った分は後でキッチリ支払いをしないといけません。

使いすぎると、後が大変になりますよね。それと同じことが起こるのです。

 

なので、今自分がめっちゃ理不尽な環境だと思った時は
過去から現在まで見て、エネルギーの収支バランスが合っているのか?を冷静に考えるといいですね。

このとき誰もが「自分が可愛い」のと
子供時代のことは「あれは仕方なかった」とか「子供なんだから当然」と言う見方をしてしまうんですね。

すると「やっぱり自分は正しい!」となり、なかなか改めることができないの。

エネルギーを出せているか出せていないかを見極める方法

自分でも簡単に見極めるポイントをお伝えしましょう。

それは「自分に対して厳しい人が自分の近くにいるかどうか?」これを振り返ってみてください。

自分の周りに厳しい人が多く現れるときは、
自分が相当甘々で、エネルギーを出していないんだ、と言うこと。

これ、覚えておいてくださいね。

つまり怒られたり厳しくされないと動かないくらい、怠慢な自分がいる、と言うことなのです。

07061.jpg

普通にしていたら、最低限度のことしか、しないのです。
もしくはそれすらも面倒臭がってやらない。

つまりエネルギー的には、思いっきりカードでお買い物をバンバンしていたので
その支払いを促されている状態。

なのでしっかりエネルギーを出せ!とばかりに、自分の周りに、厳しくビシビシ言う人が現れるのです。
言われないと動かないからこそ、そんな風に自分のケツを叩く人が現れるんですね。

それくらい、子供の頃を含め、過去から自分の姿を見たとき、自分は動いてこなかった、と言うこと。
でも今だけを見ると「理不尽に働かされている」と思うのです。

 

ちょっと長くなってしまいました。

Oさんのさらなる気づきは何か?

父親への見方と夫への見方のカラクリは何だったのか?

続きはこちら

 

 

 

「期間限定小冊子プレゼント」

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく 幸せなパートナーシップを 築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を 傷つけあうのではなく お互いを高め合える 関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、 再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた "たった一つの方法"とは? で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと 豊かさを手に入れる方法を 湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが 「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される 浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。 でも気づけばまた同じことを繰返している。 これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、 同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず 誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。 それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら 「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・チャイルドセラピー修了
・原田隆史リーチング講師