あなたの「欲しい!」に隠された秘密

今日は結婚記念日。
何年目なのか分からなかったので夫に聞くと「27年や!」と。

貴様、覚えてないのかよ的な眼差しで見られた湯川でした(笑)

image_00018.jpg

まあ、正直27年も、よく持ったものだと我ながら感心します。

一時は200%離婚だこの結婚は失敗だった!と思っていた私でしたが、
この夫でなければ今の私は居なかったなあ」ってマジで思うのですよ。

違いを悪と見るか、面白さと見るか

振り返ってみると、結婚して15年くらいまでは、いろんな問題が起こりました。
そりゃこれまで違う人生を歩んできたもの同士、価値観も好みもいろんなものが違って当然。

でも当時は「なんでそう思うの!」「そんなのおかしい!」と、いちいち過剰反応してたなあって思うのです。

あの頃の私は「私に合わせて欲しい!」
そんな思いがすごく強かったので、合わないことが怖くて、夫に自分の意見を言えなかったんですよ。

その「自分の意見を言えない」ということだけを取り上げて、
私ばかりいつも我慢している、
夫に合わせてばかりで自分は振り回されている、そんな風に思っていたんですね。

でも本当のところは
「私に合わせて欲しい!」という思いが強過ぎたため、ちょっとでも合わせてくれないことが
「恐怖」になっていただけのこと。

あの頃は、それに全く気づいてませんでしたけどね(笑)
それほど完璧に、合わせてもらいたがっていたわけですよ。

 

いやあ、ほんと今なら笑います。どんだけ自分を美化してたんだよ、ってことですね。
そしてそれに付き合ってくれた夫に、改めて感謝です・・・。

持っているから、もっと欲しい?

人間には3つの欲があるといいます。

持っていない人は、それが欲しいという欲

ちょっと持っている人は、もっと欲しいという欲

いっぱい持っている人は、全部欲しいという欲

つまり欲が強い人ほど、元々「持っていたものが多い」ということなんですね。

持っていないから欲しがっている、というこっちゃ無いのです!
むしろ逆!!!

ほんとは既に持っているのです。

 

このパラドックスに気づくと、目から鱗どころか、目ん玉が落ちそうになりますね(笑)
でも、持っているものの多さや価値に気づかず「根こそぎ欲しい!」となっているってことなんですよ〜ー。

自分が既に持っているものは、当たり前過ぎて認識できていないんですねえ。

あなたが「当たり前」に持っているものの価値を
改めて再評価してみると、意外な発見があると思いますよ!

欲を持とうぜ!

さらに言うと、欲は強くて全くオッケーだと、私は思っているんです。

その欲を叶えるために、自分がやるべきことをやり、コツコツ努力して手に入れていく、
ということなら何ら問題ないのです。

むしろ自分の成長に繋がりますから、その「欲」は圧倒的にですね。

 

 

でもその欲が、自分は動かずに、人にやってもらうこと、動いてもらうことで手に入れようとすると、
途端に問題になってきます。
(お金払うと言うエネルギーを出すならオッケーですけど)

まるで2、3歳児が自分の思い通りにならないと、ギャーギャーわめいて周りの大人を動かそうとする、アレですね。
欲しければ、人をあてにせず、自分で動くってこと!!!

 

☆湯川からの一言

欲は持って良し!それに見合う行動をせよ!

「期間限定小冊子プレゼント」

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく 幸せなパートナーシップを 築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を 傷つけあうのではなく お互いを高め合える 関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、 再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた "たった一つの方法"とは? で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと 豊かさを手に入れる方法を 湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが 「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される 浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。 でも気づけばまた同じことを繰返している。 これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、 同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず 誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。 それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら 「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・チャイルドセラピー修了
・原田隆史リーチング講師