*

振り回したり、振り回されたりする苦しみの原因

   

o0640042413510095400

自分を見つめるとは?

湯川のブログを長く読んでいただいている方は、何故湯川がこのような仕事を始めたのか、ということはご存知だと思います。
そもそも私自身が夫との関係性に悩み、子育てもうまく行かなかった、というところから端を発していました。

当時は夫の不機嫌が、何よりも怖いと思っていたワタシでしたが、「そんなこともあったなあ」と今では笑い話に出来るようになったのは、ひとえに「自分を見つめる」という作業無くしては、とうていたどり着けなかった領域だと思うのです。

 

「自分を見つめる」というのは、どういうことか?

これは自分の思考パターンや、考え方の癖を紐解いて行き、良い部分はそのままに、未熟な部分があるならそれを修正していくという意味。

今の自分の苦しみの大部分は、偏った子どもっぽい一方的な見方が原因となっています。

でもね、見方を変える、というのはなかなか難しいんですね。

なぜなら子どもの頃に
「こうに違いない」とか
「これしか選択肢は無い」など
感情的に思い込んだ方法を、今もなお無意識に発動させているから。

無意識だから、自分ではなかなかわからないんですよね…。

子どもっぽく幼い自らの幼児性に、自分自身が振り回されているということなのです。

でも不思議とそういう方は「いつも自分が周りに振り回されている!」と思っているのですが、
ホントは自分の幼児性に、自分も周りも振り回している、というのが事実なんですね〜。

そう言いながら当初は「悪いのは夫!私は完全に被害者よ!」と信じて疑っていなかったワタシです(苦笑)

でもどこかで「自分に何か原因があるのではないか」とも、薄々気づいていた訳です。

それでも自分が悪いだなんて思いたくもない場合、
「あなたは何も変わらなくて良いのよ」
「あなたはありのままでいいの」
などと言ってくれそうな人にアドバイスを求めたり、そういう傾向の本もよく読んでおりました(笑)

要はラクなんですよ、自分を変えずに人のせいにして済むんですから〜。

 

境界線を引けばいい訳ではない

自分を見つめることもせず、嫌な人からは距離を取ればいい!
そんなことを繰り返していても、同じことが何度も起こる訳です。
だから単純に「境界線」を引けばいい、ということじゃない!

嫌な人がいたとして、その度に境界線を引いて相手からバッサリ距離を取ることをしても、いつまで経っても自分の外側には悪い人がいて、自分は被害者、という構造自体は何も変わらない訳です。

根本解決したいのであれば、被害者ポジションにいつも居る自分をこそ変えて行く必要があるわけですね。

 

湯川の場合

私の場合で言えば、夫のことをDVモラハラだと信じて疑っていなかったワケですが、
自分を見つめて行く作業の中で、ホントは自分こそが夫を見下し、バカにし、その上何でもやってもらうのが当然だと思っていた、幼稚で傲慢な姿が露呈してきたわけです。

まさに鏡です。

そりゃ最初はそんなこと、絶対受け入れたくはなかったですよ。

でもあのときの私は、完全に「崖っぷち女」だったのです(笑)

受け入れるしかなかった、
向き合うしか他に方法がなかったんですね。
それくらい後が無かったし、追いつめられていたワケです。

でも、だからこそ!
受け入れたくない自分の姿を受け入れ、認め、その上で自分自身を「躾け直すことが出来た」ワケです。

ホント今となっては、あこまで追い込んでくれた夫に感謝ですよ〜。
でないと、ワタシは未だに、夫のせい、親のせい、社会のせいにして、不平不満たっぷりに生きてたと思います…。

自分以外のせいにしている間は、自分は何一つ変わらなくてもいいと思っていた訳ですから、こんな美味しいポジションはないのです。

そのときの湯川は
「アタシ可哀想!」
「アタシって健気!」などと、ド真剣に思っていましたからね〜。

ほんとイタい!イタ過ぎるヤツでした(笑)

 

“良い悪い”ではない

自分の幼児性、傲慢さや親や夫への見下しっぷり、自分のことを自分でせず、やってもらってアタリマエの、我がまま一杯だったからこそ、今こんな問題が起こっているのだ!とハッキリ受け入れることなんですね。

相手が悪い訳でもないし、親がその原因を創った訳でもないのです。

自分を見つめ受け入れ、その上で自分を変えて行こうとするのは、なかなか勇気のいることです。

そしてやはりある程度の時間はかかります。
今すぐどうこうできる話ではない、ということ。

それくらい自分を変えて行くことに腰を据えてやって行こうと思う人でないと、欲しい結果は得られないってこと。

つまり
「今直ぐ結果が欲しい!」
「カンタンお手軽が一番!」
「努力はしたくなーい!」なんて思ってるあいだは、大したものが手に入らない人生だと思っておいて下さい。

出したエネルギーしか戻って来ないのは「法則」ですから。

 

まずは解放すること

自分を見つめると言われても、何からやればいか分からない時は、まずは解放することを知って下さい。

まだ私と夫との関係がめちゃめちゃだった頃、
ある日、私がたまたま子供の前で手を大きく上げた瞬間、息子はとっさに頭を抱えたんですね。

「叩かれる!」そう思ったのでしょう。

ということは、、、、

この子に私は何度もそんなことをしていたのだと、その姿で分かったのです。

 

本当に胸が張り裂けそうでした。
このまま子供をつぶしてしまうんじゃないか、私が親じゃないほうが良かった。
そう、思っている癖に、翌日にはやはり同じように怒ってしまう。

やめられなかった…。

特に下の息子が保育園の時が、怒りMAXだったように思います。

その時に私は、藁をもすがる思いでアレコレ試行錯誤しておりました。
その時にやったのが
「息子と一緒に泣く」ということでした。

 

今から思えば、私はあの時、自分の感情がよくわからなくなっていたのです。
とにかくどんな感情も、怒りで何もかもいっしょくたになっていたのです。

怒り以外の感情が、全然わからなかった・・・。
怒り以外、出せなかった・・・。

そんな末期的な状態だったんですね。

 

泣く息子や娘をだっこしながら、
私も思うことを言ってみたんですね。

「お母さんも泣きたいんだよ~」

「お母さんだってどうしたらいいのかわからんのよ~」

「お母さんもうこんなん嫌や~」

そんなことを言ってたと思います。

 

以前は子供が泣いていると、こちらが苦しくなって「泣くな!」と止めさせてしまっていた訳です。
「傷」がうずいて仕方なかったので、子供が泣く姿は大嫌いでした。

でもね止めさせないで、子供をあやしながら、自分の気持ちを言ったんですね。

そしたらね、私も子どもと一緒に泣きだしてしまいました。
もうね、思いっきり泣いたんです。

 

その時の子どもは不思議と、私が泣くことを応援してくれるかのように、一緒に泣いてくれたんですね。

「お母さんも泣いていいんだよ」

「これまでよくやってきたんだよ」

「一緒に泣こうよ」

そんな風に寄り添ってくれていたように、感じたんですね。
事実はわからないですけど・・・。

「泣くまい」

「頑張らねば」

「誰もわかってくれない」

「言っても仕方ないこと」

そう思っている時って、心がパンパンなんですね。
ちょっとでも尖がったものが来ようものなら、即座に爆発する、そんな状態なのです。

 

でも私はこうやって子どもと一緒に泣けたことで、その後とても楽になっていったことを覚えています。
それは今、メンバーさんを見ていても痛感します。

まずは「出すこと」「解放すること」

 

今も

「感情を出してはいけない」

「泣いてはいけない」

「怒ってもいけない」

そんな風に頑張っている方がおられるなら、それはもう安心安全な環境で自分の感情を出していく、ということをやっていかれるといいですね。

それは友達にきいてもらう、
カラオケボックスで泣く、
何でもいいですが、抑え込むよりも、解放してあげることがまずは大事ですね。

パンパンで張りつめているくらいなら
まずは解放してあげましょうね。そうすることで、緩んできます。

それが出来たら
そこからいろいろとやっていくことがありますからね。
・・・・・・・・・・・・・・・・

まずはじめの一歩を踏み出したい場合はこちらが参考になります。

★オンライン講座初級編★

オンラインなのであなたのお好きな時間に、いつでも学べるのが特徴。
何からどうやっていけばいいのか分からない方の「はじめの一歩」です。

http://www.reservestock.jp/subscribe/MjQ2YzQ0YzM3N

相談したいという方はこちらからどうぞ
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/3521

 

o0288010213828035335

IDは@znm5618oです。ブログには載せてないプライベートな投稿もしています

t02200070_0284009013642102128

●ダメンズ引寄せ症候群3か月集中コースへの問合せ
相手との関係に過剰に依存するのではなく これまでの苦しい恋愛を根本解決させ、自分の人生を力強く歩む。 そんな幸せなパートナーシップを築いていくチカラを身につけていきます。●目からウロコ目 9日間の無料メール講座
ダメンズ恋愛に陥るカラクリとそこから卒業できるヒントが満載!手紙 卒ダメンズ!幸せ恋愛体質【動画】 無料メール講座手紙●わずか1分!ダメンズ引寄せ体質チェックメモ
もし引寄せ体質だったとしても、大丈夫! その対処法までお伝えします。もちろん無料!
●ライン@やってます
IDは@znm5618oです。ブログには載せてないプライベートな投稿してます●よくわかるダメンズマンガ
恋人編親子編●セミナー・イベント情報
各種セミナー・イベント情報はこちら●人気動画ランキング
・ダメンズの見分け方(2分58秒)
・重い女になっていませんか?(3分40秒)
・不安や心配ごとのルーツから抜け出す方法(3分1秒)
湯川のYouTube(白背景)チャンネルはこちら!登録してね~♪●お問合せ

 

 

The following two tabs change content below.
湯川 央恵
幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、 解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。 クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。 恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。 全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

 - └ 境界線を引く, ├ 両親との関係性から紐解く, ★子ども時代に別れを告げる, ★自立に向けて