*

嫉妬の源泉”インナーチャイルド”が教えてくれたこと

      2016/05/26

彼が順調にいっていると、面白くない

今日は湯川の実例からスタートしましょう。

かつて私は、ある特定の男性に対して、すごく冷たい仕打ちをしてしまう傾向がありました。

彼のことは信頼しているし、大切に思っているのですが、何かきっかけがあると、冷酷な態度をとってしまう。

 

なぜそんなことをしてしまうのか、自分でもわかりませんでした。

彼が順調にいってると、面白くないという気持ちが沸いてくる感じ。

 

これって、嫉妬ですよね

 

同業者でもないし、頻繁に顔を合わせる仲でもありません。

気にしていないよという素振りを見せながら、胸中では彼を思いきり振り回したい衝動に駆られるのです。

“あなたの自由にはさせない”という思いがムクムクっと現れ、相手をバッサリとぶった切ってしまう。

 

決して後味の良いものではありません。

わかっていても、バッサリいかずにはいられなくて、繰り返していました。

 

相手に対する嫉妬みたいな気持ちや、自由にさせないという思い。

この感情は、いったいどこから来ているのだろう?と自分自身を見つめていくと、『姉』が出てきました。

 

この源泉を見つけた時、 正直驚きました。

姉とその男性には何の共通点もないように思えたのです。

 

でも、幼いころから、私は姉に対して嫉妬していたことを思い出しました。

頭が良くて美人。体が弱くて、いつも母の愛情を独り占めしていた姉。

姉が何かしようとすると、妹の私は全面妨害をしていました。

姉に対し「何を考えているんだ」とか「考えが浅い」とか、そんなことを良く言ってました。

 

姉は女性らしい服装が好きで、ピンクやヒラヒラしたものをよく身につけていました。

ヘアスタイルも、天然パーマでふんわりして、とてもかわいらしい印象だったんです。

一方、妹の私は、いつも刈上げヘアー!よく似合っていました・・・^^;

 

なぜか、伸ばすことを許してもらえなかったのです。

服もパンツスタイルがほとんどで、青か緑か赤。

どこへ行っても、男の子と間違われるような子でした。

 

父はそんな男勝りの女の子でいることが嬉しかったみたいです。

「女々しくなったらあかん、男と堂々と張り合える女になれ!」

こんな風に育てられてきました。

 

“本当は私も女の子っぽい服を着たい”

“私だって可愛いものを持ちたい”

 

そんな思いがあったのに、それをすると姉と同じようになってしまう。

だからこそ、それを認めたくないがために、男の子のような服装や持ち物を持っていました。

 

インナーチャイルドが教えてくれたこと

幼いころの姉に対する嫉妬が、まだまだ私の中に強烈に残っていたということですね。

そして、その思いに向き合った時、インナーチャイルドが出てきたのです。

すごく拗ねているチャイルドでした。

お母さんの愛情を、体が弱いことを理由に全て持って行った姉に対して、拗ねていました。

体が弱い姉のことを、ずるいと言っていました。

 

仕方のないこととはいえ、そこに姉のしたたかさんが見え隠れしたように感じていたのです。

その気持ちに気づいたとき、涙がこぼれ落ちました。

そうなんだ、私はずっとこんな思いを抱えていたんだ。

ずっと拗ねていたんだ。ずるいって思っていたんだ。

 

そして何より、母の愛情が欲しいと思っていたんだ。

そう言いながらチャイルドにいろんな言葉をかけてあげました。

そして、姉への思いを全部出し切りました。

 

ずるい!ずるい!ずるい!

 

・母の愛情を独占したこと。

・可愛い顔で生まれてきたこと。

・体が弱くみんなから心配されてたこと。

・なのに頭が良かったこと。

 

こんなことを全部全部出し切ったんですね。

いやー、泣きましたよ~。

==========

押さえこむから完了しない

==========

怒りも、嫉妬も、悲しみも、丁寧に認めて出してあげることが大切なんですね。

中途半端のままでは、いけないのです。

感情にもいいも悪いもありません。

自分が勝手にいい悪いを判断してラベルを付けているだけのことです。

そうやって出し切らないから、変なところで拗ね続けるんです。

 

感情のグラグラは、ビッグチャンス

気持ちを出し切ってからは、楽になりました。

彼には申し訳なかったのですが、そうやって感情がザワザワしたことで、自分の中の置き去りになった気持ちを見つけることができました。

気持ちがザワつくとき、グラグラするときって、 本当に大チャンスなんですよ!

自分が置き去りにしたものを、ちゃんと拾いにいくという感じでしょうか。

このページをご覧のみなさん、まだ、完了していない感情が残っているのではありませんか?

ちゃんと完了しておきましょうね。

 

ちなみに、姉に嫉妬して女性らしさを誘引していた時は、よく婦人科系の病気を患いました。

これも、今から思うと当然ですね。

女性性を否定すると婦人科系の病気になることがあります。

それは罰という意味ではなく、あなたは女性性を否定していますよというシグナルなのです。

The following two tabs change content below.
湯川 央恵
幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、 解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。 クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。 恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。 全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

 - ★子ども時代に別れを告げる