*

DVやネグレクトの毒親より悪質な子離れできない親たち

      2016/05/10

「甘えさせる」と「甘やかす」の違い_

これは、子どもの年齢によってかなり違うのですが、先に結論を言います。

 

【甘えさせる】

失敗や、やるべきことをやらなかったことで、もたらされる結果を、本人に引き受けさせるのが「甘えさせる」

 

【甘やかし】

反対に、子どもに引き受けさせないで、親が替わってその責任を負うことが「甘やかし」

 

この境界線がよくわかる事例をご紹介します。

子どもが友達のおもちゃを壊しました。落ち込んでいる様子。

「あー、壊しちゃったのね。〇〇くんに、一緒に謝りに行こうか」

これは「甘えさせる」

一方、

「あんたが人のおもちゃ壊すから、お母さん〇〇君の家へ謝りに行ったわ!ホンマええ加減にしてっ!」

これが「甘やかし」

 

子ども部屋が、何度声をかけても散らかったままで片付かない。

ある時、子どもが「一緒に片づけてほしいと頼んできたので、「いいよ」と機嫌良く手伝ってあげる。

これが「甘えさせる」 ※この場合グチグチ文句を言わず、機嫌よく。

→子供が言ってきた、ということと、子供も一緒に片づけをしているという点でOKにしてあげる。

これが子供は手伝わないで「片づけておいて!」と言ってきたらNG!

 

一方、片づけを子どもに期待してもムリだからと、さっさと親が片づけてしまう。

これが「甘やかし」

 

いかがですか?違いが分かりましたか?

「責任の境界線」の問題なのです。

子どもが取るべき責任を、親が変わって取ってしまうことで、その問題に向き合えない。

つまり、その出来事から得られる学びや気づきの機会を子どもから奪っているんです。

 

これは、無意識にダメンズを育成してしまうメカニズムと全く同じですよね。

相手の取るべき責任を奪ってしまうことで、いつまでたっても、相手が問題に向き合えないのです。

 

こんな風に、境界線を意識して、相手も自分も尊重するには、精神的に安定していることが必須です。

その安定とは、自分が自分の親との関係性で持った傷や偏った思い込みを手放せているということ。

具体的に言うと、自分と相手(親)との間に「意見の違いがあってもいい」と思えるか。

「Noを言うこと」や「真実を語る事」「物理的な距離を取ること」など、自分が心地よくられる境界線が引けているか。

つまりそれは、自分を守る術を自分自身が身につけているこということになります。

それができていないと、親側の偏った見方や不安感から子どもの取るべき責任を横取りしてしまうのです。

 

こういう説明をすると、「何が何でも子どもにさせなければ!」極端に振れる方がおられるかもしれません。

そんな杓子定規に白か黒かで決めなくてもいいですよ。

状況を見て「今日はどうしてもやらせてあげる時間がない」ということであれば、それは親がやってしまうこともアリでしょう。

その場合も、「今は時間が無いからお母さんがやっておくね。次は自分できるようにしていこうね。」という声掛けが大事かと思います。

 

子離れできない親

壁にぶつかってこそ、子どもは成長できるのです。

私たち大人もそうですよね。

自立するというのは、自分の人生に対する責任感を持てるようになることです。

壁にぶつかりながら成長する過程こそが、大人の階段。

 

ところが、子どもが30を過ぎても親がべったりくっついている家庭が多い気がします。

幼少期に、子どもの身の回りのことを母親が全部やってきたのと同じように、30歳を過ぎてもなおやっているのです。

子どもが成長するにつれ、関わり方を変えていく必要がありますよね。

 

6歳まではたっぷり甘えさせてあげる「母子密着時期」です。

その後、思春期になって反抗するのは、大人として「自立していくための準備期間」。

「うちは反抗期が無かったから安心だわ~」なんて思っている方は、要注意!

カラダは大人なのに、精神的には未熟で、社会的に自立できない状態になってしまう可能性がありま

 

日々、いろいろな方のセッションをするなかで「子離れできない親」の弊害を感じています。

暴力暴言や育児放棄放の親よりも、「過干渉」や「過保護」「構い過ぎ」で子離れできていない親の方が、たちが悪いのです。

前者の場合は、明らかにおかしい!理不尽!と、本人にも周囲にもわかりやすいのです。

しかし、後者の場合、親があれこれやってくれるので、子どもとしてはラクだし、おかしいと感じることがないまま大人になってしまうのです。

そうなると、いつまででも自立ができず、自分で何かを決めることもできず、人のせいにして社会に対応できなくなります。

 

反抗期は「自立への準備期間」です。この時期がとても大事なのです。

 

反抗を止めさせようとしていませんか?

反抗している子どもを見て、おろおろしていませんか?

 子どもが出す無理難題の言いなりになっていませんか?

 子どもの機嫌を取ろうとしていませんか?

 腫れ物に触るような接し方をしていませんか?

 

「これ以上はダメ」「うちでは許さない」など、しっかり親として境界線を指し示すことが大切なのです。

この境界線が、ある意味で”壁”になってやるということでもあります。

 

まとめ

「No」を言われずに、壁もなく、子どものやること全てを受け入れるばかりだと、自立への足場を築けません。

受け入れることが”女性性”であるとするなら、壁になることや、「やっていいこと」と「やってはいけないこと」を指し示すこと、

「No」を言うことが”男性性”の特質かもしれません。

親とぶつかる、という体験をするには、親の方に壁になる男性性の強さが必要なのです。

 

幼児期は女性性だけである程度はできたのですが、人として完成していくためには、女性であってもバランスよく男性性を発揮する必要があるのです。

反抗期は子どもの自立への大事な期間であると同時に、親にとっても、そのように人としてより完成していく経験をしているということ。

要求を聞くことや、受け入れることだけが、本当の愛情ではないのです。

 

子どもが社会に出た時、自立するためには、子離れすること!そして、子どもの壁になること!

これを私自身も、自分に言い聞かせてやっています。お互い、頑張りましょうね。

The following two tabs change content below.
湯川 央恵
幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、 解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。 クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。 恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。 全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

 - └ 境界線を引く